成功の復讐!??

最終更新: 2019年9月29日

暑い日が続いていますね。。。

汗がとめどなく出てしまい、自分でも気がつかないうちに脱水症になってしまうこともあるので、こまめに水分を摂っておきたいですね。


という訳で(全然脈絡がない。。。)、今回はライトに「成功の復讐」について書いてみたいと思います。



皆様は、この「成功の復讐」という言葉をご存知でしょうか??

成功を繰り返すために行う、成功の「復習」ではなく、

成功したが故にうまくいかなくなる、つまり、成功によって成功できなくなる、「復讐」されてしまう、という言葉です。

マーケティングとは、外部環境と内部環境の整合性がとれている状態を作り出すこと。

ということは以前の記事(マーケティングはフィッティング!?)で書きましたが、

外部環境と内部環境をフィッティングすることがすなわちビジネスをする、という事だ、と言っても過言でないと思っています。 つまり、「外部環境」と「内部環境」をフィットさせることができれば、ビジネスで「成功」できると言えるのです。 ※「成功」の定義としては、ここでは、思い描いた結果を得ることができること、とします。ご自身できちんと「成功」の定義は考えた方が良いです。

さて、少し脱線してしまいましたが、「成功の復讐」へ戻ります。

「外部環境」と「内部環境」のフィッティングがビジネスそのものであり、そこがうまくいけばビジネスは「成功」します。


例えば、あなたは一生懸命に頭を使って、「外部環境」と「内部環境」を正確に分析し、「内部環境」をフィッティングさせるために、様々な手を打ち、見事「フィッティング」を完了させたとしましょう。

もちろんビジネスは「成功」しました。さすがです!お見事です!!

あなたは、

「ふむふむ、このビジネスはこのように内部環境を調整すれば成功するのだな!無敵だ!」

と思うでしょう。無理もありません。その通りだからです。

その時点の「外部環境」にはその「内部環境」がフィットしているのですから。

しかし、

時は流れます。


「成功の復讐」の原因は「持論」と「組織の慣性の法則」


時が流れるということは、「外部環境」が変化していくことと同義です。

するとどうでしょう、今までのやり方でビジネスがうまくいかなくなってきました。

それでもあなたは思うでしょう。

「あんなに頑張って作り上げた、そしてフィットさせた内部環境なのだ。これでうまくいくのだ!」と。

そして、

「私には経験がある、これをこうすればうまくいく!!」という成功体験が裏打ちする「持論」を有しています。

でもうまくいかない。

何故か。

時が経ち今の「外部環境」とあなたが作り上げた昔の「内部環境」にギャップが生じてしまっているからです。

この「持論」という名の、あなたの思い込みがギャップを埋めることを邪魔しているのです。

ただ、あなたは優秀ですから、

それに気がついて「内部環境」を今の「外部環境」に再度フィットさせようと頑張るでしょう。

「持論」はあなたの問題ですから、きちんとあなたが客観的に分析することができれば乗り越えられるでしょう。

しかしどうでしょうか。

そこにはさらに厄介な奴が立ちはだかっています。



それは「組織の慣性の法則」という奴です。


「内部環境(会社組織)」という大きなバスはある方向に走っていますので、突然、こっちじゃない、逆方向に走らないと外部環境にフィットできない、と言われても、慣性の法則が働いてしまい、どんどんギャップができてしまう方向へ走ってしまいます。

「組織の慣性の法則」は、モワッとした集合体の進んでいるエネルギーの向きを変えるのですから非常に厄介です。 それは、組織というものが結局一人一人人間の集合体であり、人間というのは、「今までの通りにやっている」のが一番楽で、心地良いと感じてしまい、「変化」を嫌う生き物だからです。 その変化を嫌う気持ちの集合体が「組織の慣性の法則」を生み出し、変化する「外部環境」に「内部環境」をフィットさせることを邪魔するのです。

このようにして、一度「外部環境」と「内部環境」をフィッティングした経験(つまり成功体験)があると、その成功が故に、次の成功の難易度が果てしなく上がってしまうという「復讐」に合うことになるのです。

これが「成功の復讐」の正体です。


チャンスが多い現代社会!?


技術革新を伴いとんでもないスピードで変わっていく現代の「外部環境」に「内部環境」をフィットさせること(ビジネスで一度成功すること)も難しいですが、一度成功した会社においても、この「成功の復讐」が故にフィットさせ続けることは困難を極めるでしょう。


しかし、フィットさせ続けることが難しいということは、一方で大きなチャンスがそこにある、とも言えます。

これまでは「外部環境」の変化というのは10年単位でした。しかし、記述したように、現代は、技術革新を伴い、凄まじい速さで変化しおり、もはや1年単位ですら変化を追えない感じになってきました。 つまり、これまでは一度フィットすれば(成功すれば)先行者利益を10年くらいは享受できていたところが、現代では放っておくと、その成功は1年も持たない、ということです。

言い換えると、これまでは10年に一度しか新参者にチャンスが回ってこなかったが、今は1年に一回はチャンスが巡ってくる、と言えます。


そんなこんなですので、ビジネスで成功をし続けるには、休むことなく、常に動く「外部環境」を分析し続け、柔軟に動ける「内部環境」を作り続けていくしかないようです。


成功し続けたいならば、経営者に休んでいる暇なんてありませんね。ということでしょうか。 ※たまには休むことも大切です。何が「成功」なのか、をよくよく考えていきたいですね。

今回は、思うがままにバババッと書きましたので乱文失礼致しました。


それではまた!!


株式会社ベットワーク

大川拓洋


※ご意見等あれば、コメント頂けたら嬉しいです。

議論は大歓迎ですが、一方的な意見の押し付けは無視致します。

29回の閲覧
  • Wix Facebook page
  • Wix Twitter page

Visit(営業事務所)

〒731-0125 

広島市安佐南区大町東1丁目6番16号 カサグランデ2 105号

Call(営業事務所)

TEL: 082-836-7066

FAX: 082-836-7099 

© 2023 by

VetWork Co., Ltd.

  • facebook
  • Twitter Clean
  • w-googleplus