あなたが本当にやりたい事って何ですか?

最終更新: 2019年9月29日

今回はちょっとブレイクの回ということで(勝手に決めました)、 「行動経済学まんが ヘンテコノミクス」 原作 佐藤雅彦+菅俊一 画 高橋秀明 からアンダーマインニング効果についてご紹介をします。


アンダーマインニング=undermining という単語をご存知でしょうか? undermineを日本語訳すると「弱らせる」という意味になります。 この本で紹介されている「アンダーマインニング効果」とは何を「弱らせる」効果のことを言っているのでしょうか??

弱ってしまうのは「モチベーション」です。

どういうことでしょうか。



この本の中のストーリー


あるところにおじいさんがある家に住んでいました。 近くの小学生の悪ガキ達がそのおじいさんの家の壁に落書きをしにきます。 おじいさんは「コラーー!!何しとるんじゃー!!」と怒ってその悪ガキを追い払います。

次の日も、その次の日も悪ガキ達はおじいさんの家に落書きをしにきます。怒られても知らん顔です。 おじいさんは困り果ててしまいました。。。


そこで、、、なんとおじいさんは奇策に打って出ます。


次の日、相変わらず悪ガキ達が落書きをしにきました。 いつもなら「コラー!!」とどやすおじいさんですが、今回は、なんと

落書きをした悪ガキ達にお小遣いをあげたのでした。

「素晴らしい落書きだ!!!ありがとう!!!君には50円あげよう」というん感じで。

すると、悪ガキ達は大喜び。

悪いことをして、さらに報酬までもらえてしまったのです。 悪いことをして報酬までもらえるなんて夢のよう。

当たり前ですが、次の日もその次の日もきちん?と落書きをしにきました。


ところがある日、おじいさんは困った顔をして言いました。 「今日からお小遣いをあげることができなくなってしまったよ、、、お金がないんじゃ。。。」と。


すると悪ガキ達は 「チェ。。。落書きしてやったのにお小遣いもらえないなんてつまんねーな。。。」 と言って帰ってしまいました。


そして次の日に落書きをしにくることはありませんでした。


というお話です。

(実際にはもっと面白くまんがで描いてありますので本を読んでみてくださいね!)





この話の中で弱ってしまった(undermindした)モチベーションは何?

それは悪ガキ達のはじめは持ってた「悪いことをしたい!!」という純粋な想いです。

この「純粋な想い」であったモチベーションがおじいさんからのお小遣いという「報酬」のためというモチベーションにいつの間にかすり替わってしまっていたのです。 そのため、「報酬」が得られなくなった時点で、もうやる気がなくなってしまったのですね。


ここまで読んであなたは、子供らしいなぁ、なんて思いませんでしたか??


よくよく自分の胸に手を当てて考えてみて下さい。 「あなたが本当にやりたかった事って何ですか?」と。

良い服を着たい、新しい車に乗りたい、家を買いたい、そのためには給料をたくさんもらいたい、お金を稼ぎたい、名誉が欲しい、、 となっていませんか?

あなたもはじめは「人の喜びのために仕事をしたい!!」と息巻いていませんでしたか?

何かしら物事を始めるにあたっての純粋なモチベーションがあったと思います。

(純粋にお金を稼ぎたい!!という人もいらっしゃると思いますが。)

実際に仕事をして、評価されて、お金を稼いでいるうちに、お金を稼ぐということ、評価されることがモチベーションになっていませんか? お金がなくなるから、稼げなくなるから、と言った理由で、お金を稼ぐために仕事をしてしまっていませんか? 評価が下がるから、という理由でやらなくなったことはありませんか?


人間の心理において、アンダーマインニング効果というものを知ることで、報酬という外発的動機によって惑わされることなく、本当にあなたがやりたかった事に向かえることを祈っています。


たまには自分自身で人生を振り返ることも本当の内発的動機を知る上でも必要ですね。


それではまた!!


株式会社ベットワーク 大川拓洋


※ご意見等あれば、コメント頂けたら嬉しいです。 議論は大歓迎ですが、一方的な意見の押し付けは無視致します。

17回の閲覧
  • Wix Facebook page
  • Wix Twitter page

Visit(営業事務所)

〒731-0125 

広島市安佐南区大町東1丁目6番16号 カサグランデ2 105号

Call(営業事務所)

TEL: 082-836-7066

FAX: 082-836-7099 

© 2023 by

VetWork Co., Ltd.

  • facebook
  • Twitter Clean
  • w-googleplus